iPhoneのバッテリーを上手く使いこなす

iPhoneを使っていると、バッテリーがいつの間にか減っていることに気づくことが多いでしょう。

iPhoneは新しくなるたびにバッテリーがかなり長持ちできるようになってきましたが、まだまだガラケーなどと比べた場合、バッテリーの持ちが良いとは言えません。しかしiPhoneは非常に魅力的な機能を持っているので、バッテリーを意識しながら使っていくことが重要です。

実は様々な機能をオフにすることで、iPhoneのバッテリーを長持ちさせることが可能です。まず使っていないバックグラウンドで動いているアプリは、消しましょう。またiPhoneのディスプレーの明かりをなるべく落として使うとバッテリーの持ちが改善されます。またWi-Fiや、Bluetoothもバッテリーを消費するので、使っていない場合はオフにすることをお勧めします。

位置情報サービスに関しても使っていない場合はオフにして良いでしょう。これで、だいぶバッテリーの持ちは改善されます。設定から、操作すると結構面倒ですが、Siriを使用すれば簡単に設定できる項目もあるので、利用してみるのも良いでしょう。またバッテリーの寿命の問題もあります。バッテリーの寿命を、なるべく延ばしたい場合は、月に1度はバッテリーを使い切り、フル充電することで、バッテリーの寿命を長くすることができます。この月に1度のフル充電は、忘れてしまう場合もあるので、リマインダー等に登録しておくと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *