iPhoneの容量不足はこう解決する

iPhoneには素晴らしいカメラや、大量の音楽を持ち出せるなど、楽しく使える機能が盛りだくさんですが、写真や音楽は、容量かなり食ってしまい容量不足になる場合があります。

完全に容量不足になると、インターネットを利用したりすることもできなくなので、容量不足を解消しないと、ほとんどiPhoneが使えなくなってしまいます。そこで写真やビデオをこまめに保存したり、音楽なども工夫して聞くようにすることで容量不足にならないようにしましょう。まず写真やビデオですが、撮影するたびにどんどん容量不足が進みますので、こまめにパソコンや、Macに、保存するようにしましょう。

これらに保存するときはUSBケーブルを使いますが、それがめんどくさいと言う方もいるようです。そこでクラウドストレージを使うのはどうでしょうか。Dropbox等を利用すると、自動的に保存することができ大変便利です。パソコンや、MacにもDropboxをインストールすることで、iPhoneで撮影したビデオや写真が、勝手にDropboxのフォルダの中に入ってきます。

ケーブルを刺す手間もないのが素晴らしいですね。また音楽もクラウドストレージを使って、ダウンロードせずに、ストリーミング再生で聞くとよいでしょう。iPhoneの容量不足の原因は、ほとんどの場合、写真やビデオ、音楽ファイルなので、この方法で容量不足はかなり解消するのではないでしょうか。以外とアプリも容量があるので、使わない物は削除しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *