ファクタリングならば即日現金化も可能です

ファクタリングには2社間取引と3社間取引の2種類があり、前者であれば即日での現金化も可能です。後者の場合は安い手数料でサービスを利用できますが、現金化されるまで遅い場合には1週間ほどかかります。

多少手数料が高くなってもすぐに資金を調達したいのであれば、即日での現金化が可能な2社間取引を選ぶとよいでしょう。

即日のファクタリングの情報を探すならこちらです。

2社間取引では利用者が売掛先から売掛金を受け取ってファクタリング会社に入金するためリスクが大きく、手数料が高めに設定されています。



一般的に2社間取り引きの手数料は売掛債権額の6%から40%ほどですが、3社間取引であれば1%から5%ほどで済みます。3社間取引は売掛先に通知をして承諾をもらわなければならないため、現金化までに時間がかかり自社の経営状態を知られてしまいます。
時間的に余裕がある場合や自社の経営状態を売掛先に知られても問題ない場合は、3社間取引を選ぶのがおすすめです。



金融機関から融資を受ける場合には審査に1か月から2か月ほどかかるのが通常ですが、ファクタリングならば即日から1週間ほどで売掛債権を現金化できます。

ファクタリングは融資ではなく売掛債権の売買契約なので、取引後に負債が残ることはなく経営上の負担にならないというメリットもあります。

一般的にファクタリングでは償還請求権がないため、売掛先が倒産などで売掛債権を支払うことができなくなった場合でも代わりに支払う義務を負いません。

売掛債権を支払い期日前に売却すれば、リスクを負わずに素早く多額の資金調達ができます。